日本語対応で日本人にも使いやすいブックメーカー「ウィリアムヒル William Hill 」に特化した専門サイトです。登録、入金、出金、本人確認、ボーナス、クーポンコード、やり方、カジノ、スポーツベッティング、サッカー、テニス、競馬、プロ野球、オリンピック等の大会、トラブルまで幅広い情報を取り扱っています。

マッチベターとエコペイズの比較

ウィリアムヒル 入金

ウィリアムヒルの新決済マッチベターとエコペイズどっちがおすすめ?

WIlliamhill(ウィリアムヒル)で新しい決済サービス

MuchBetter(マッチベター)が登場!

ecoPyaz(エコペイズ)を使っているけどMuchBetter(マッチベター)とどっちがいいの?

と、なっている方が多いので両社を比較していきます。

結論から言いますと、今まで通りecoPyaz(エコペイズ)を利用していた方が良いです。

では、その理由を説明していきます。

エコペイズとマッチベターの入金・出金の手数料

  エコペイズ マッチベター
入金手数料(銀行) 5% 銀行入金不可
入金手数料(クレジットカード) クレジットカード不可 無料
入金手数料(仮想通貨) 無料 2%
出金手数料(銀行) 出金額の1%(最低15ユーロ) 5ユーロ
出金手数料(仮想通貨) 仮想通貨出金不可 2%

エコペイズとマッチベターの入金方法の比較

  エコペイズ マッチベター
銀行入金 ×
仮想通貨入金
クレジットカード入金 ×

エコペイズとマッチベターの違いとして、

  • エコペイズは銀行入金ができるがマッチベターはできない
  • マッチベターはクレジットカード入金ができるがエコペイズはできない

が主なポイントとなります。

エコペイズとマッチベターの出金方法の比較

  エコペイズ マッチベター
銀行出金
仮想通貨出金

どちらの会社も銀行と仮想通貨で出金が可能です。

登録・入金までの使いやすさ比較

エコペイズマッチベター ともに登録をしてから本人確認作業がありますので、登録に関してはどちらも同じくらいの作業になります。

私が一番面倒だと思ったのはマッチベターの入金過程です。

マッチベターはクレジットカード入金ができる最大のメリットをもっていますが、その過程の中で「ゲーミング、またはゲーミング以外」の口座へ入金する画面がでてきます。

しかし、ブックメーカー利用でのクレジットカード入金ができないので「ゲーミング以外」の口座へ一旦入金し、その後に個人間送金でゲーミング口座へ入金するという手順があります。

エコペイズだとクレジットカード入金はできませんが、銀行入金で指定された口座番号へ振り込むだけです。このことからエコペイズの入金がブックメーカーへは最適だと考えます。

私はマッチベターでの出金はまだ試していませんが、入金肯定の見直しが入らない限りマッチベターを使う事もないのでマッチベターからの出金も行うことはないでしょう。

取り扱いブックメーカーの数

エコペイズ マッチベター
ウィリアムヒル、bet365、10betjapan、1xbet、Sportsbet.io、ピナクル、188betなど主要ブックメーカー多数 ウィリアムヒル、10betjapan、1xbet、Sportsbet.io、ピナクル

エコペイズではほぼどのブックメーカーも取り扱いが可能となります。

個人的結論「エコペイズの継続利用をすすめます」

エコペイズとマッチベターの比較をしていきましたが、マッチベター、使えないことはないですが、エコペイズより使いにくいのが印象的です。

普通にエコペイズが使える人はそのままエコペイズを利用してください。エコペイズ利用に規制がかかってしまってる方などは一度マッチベターの利用をしてみてはいかがでしょうか。

エコペイズ口座をまだ持っていない方は下記ページより登録してください。

エコペイズの口座開設をする

-ウィリアムヒル 入金

© 2020 ウィリアムヒル登録.com Powered by AFFINGER5